blog 総合探偵社リライトの日々を綴ったブログ

総合探偵社リライトの日々を綴ったブログ

ブログ

札幌での別れさせ工作 ①

今年はじめにご依頼を受けました札幌での別れさせ工作の案件です。
ご依頼内容はカップルの別れさせ工作になり、今回はカップルの男性に工作を仕掛け、別れさせる事を目指しました。
4ヶ月程の期間をかけての調査、工作になり、寒い時期からスタッフ一同が頑張った甲斐が実り無事成功です。
寒い時期開始でしたが、対象者は電車通勤だったので車両尾行の必要はなく、自宅から徒歩にて地下鉄南北線の某駅へ。そこから電車で大通り公園へ行き出社でした。
帰りも自宅まで尾行をし、一通りの出勤退勤ルートの確認完了。
念の為もう一度調査を行ない、工作員が接触するポイントを決めました。
ご依頼者様にご報告をし、一度目の接触決行、1月後半です。
調査員からの連絡を待ち待機する工作員。調査員は対象宅にて張り込みです。
対象者が出てきたところで調査員は工作員に連絡。工作員は接触ポイント付近に移動。
駅付近まで来た対象者に工作員が接触、駅の場所を聞くと親切に駅まで一緒に歩き誘導してくれました。
工作員は丁寧にお礼を言い、1度目の接触終了です。
少し間を空け2度目の接触決行。
最初の段階は1回の工作に多くを求め過ぎてはいけません。まだ関係も構築できていないのに多くを求め過ぎると、対象者に不審感や嫌悪感を与えかねません。最初の関係構築の時こそ、一番慎重にならなければいけないのです。
2度目の接触は対象者の勤務後の帰りに、工作員は2名での接触です。工作員が2名の理由は、より自然さをアピールできると共に、工作の幅が広がる可能性もあるからです。
対象者の自宅最寄り駅での接触を目指し、調査員は職場から尾行をし、工作員2名は最寄り駅で待機です。
対象者が駅構内を出て地上に出た際に接触です。1度目の接触の際のお礼を言い、最近札幌に来た事などを話しました。
対象者も工作員の事を覚えており、愛想が良く今後に期待が持てる反応でした。
接触した感触から、次回は少し会話を多くし、雰囲気が良ければ連絡先交換までしたいと工作員も話していました。
3度目の接触も対象者の勤務後を狙います。この日も工作員は2名での接触です。
調査員は対象者の職場にて張り込み、この日は終電の時間を過ぎても対象者は現れず。出張なのか原因は分かりませんが、対象者はこちらの期待通りの行動はしてくれません。分かっているのですが、長時間張り込んでいる調査員は悔しい気持ちです。
改めて3度目の接触を目指します。
この日はいつもより少し遅めの時間に同僚の男性と一緒に出てきました。
調査員が尾行、地下鉄へは行かず、徒歩にて南の方角へ。
向かった先はすすきのでした。
調査員は工作員に連絡をし、すすきのまで来てもらいます。対象者の行動に合わせ臨機応変に対応する事も大事です。
対象者が居酒屋へ入るのを確認。
こうして3度目の接触は、急遽すすきので工作を行なう事になりました。

ページトップへ

aaaa aaa