blog 総合探偵社リライトの日々を綴ったブログ

総合探偵社リライトの日々を綴ったブログ

ブログ

付き合う判断

男女の間では2人の関係をはっきりさせるか、させないかでトラブルになる事があります。

傾向として男性は関係をはっきりさせる事を面倒くさがり、逆に女性は関係をはっきりさせたい事が多いはずです。

 

こういった際、男性側の言い訳として、別にそんなことどうだっていいじゃないか、すぐに決めなくても時間の流れの中で…などと言ったりします。

一方女性の心情として遊びは嫌なので、きちんと付き合うという形を取りたいと思います。

 

ではなぜ男性側は関係性を明確にしないか。

これは口には出さないけれど理由がある事がほとんどです。

 

例として、

遊ぶにはいいけれど付き合うとお金がかかる。

もっといい女性と出会えると思っている。

付き合うと色々な人と遊べなくなるなど、何かと制限される。

若い頃は気軽に付き合えたけれど、ある程度年を重ねると結婚を意識しないといけなくなる。

 

逆の理由として、真剣に考えているから軽い気持ちで言えない。

好き過ぎて、断られて気まずくなったり会えなくなったりするのが嫌だ。

 

などが例にあげられます。

 

上記は付き合う前の男性側の心情の一例を書きましたが、当然女性も付き合う前には悩みます。

 

女性側の心情として、

経済的に安心できるか。

付き合う程に相手の事が好きか。

頼れる相手か、幸せになれそうか。

 

など、傾向としては男性よりも未来を見据えた考え方をします。

 

 

付き合う前としては男女共このような心情がありますが、実際に付き合うかどうかを決めなければいけません。

では、いざ付き合うとなると何で決めるか。

 

相手の事を好きになるには外見の要素が高くなりますが、付き合うとなると内面の要素が高くなります。

 

 

一緒にいて居心地がいいか。

話が合うか。

価値観が合うか。

金銭感覚が合うか。

 

 

付き合う決め手となるのは、色々な状況を想定した際に、合うか合わないかが重要になります。

若い時分は好きという感情のみで付き合う決め手になりますが、年を重ねるに連れ、感情以外の要素も含め総合的に判断します。

人によって何を優先して判断するかは千差万別です。

付き合いたいと思う相手がいる場合、コミュニケーションを取る際に相手の心情を推し測る事が必要です。

 

付き合いたいけれどなかなかコミュニケーションを図る機会がない場合は、弊社のサービスの一つである、付き合い工作をご利用頂く事で、相手の心情を聞き出す事も可能となります。

 

 

異性と付き合うという事は、その後の人生に少なからず影響を与えます。

ましてや結婚となると一生の問題となります。

 

付き合うか付き合わないかの判断は、それぞれの人生において非常に重要になりますので慎重に判断する事をお勧めします。

 

 

弊社は復縁屋、別れさせ屋として、恋愛に対して日々様々な角度から考え、工作に活かしております。また出会い工作、付き合い工作、などでもお客様のサポートをさせて頂いております。

恋愛でお悩みの方、まずはお気軽にご相談ください。

ページトップへ

aaaa aaa