blog 総合探偵社リライトの日々を綴ったブログ

総合探偵社リライトの日々を綴ったブログ

ブログ

人との関係構築

職場の同僚や学校のクラスメイトなど、知人友人に対する全ての人に自分の本当の姿を見せている人は少ないはずです。

仕事をするうえでは優しく、誰に対しても公平に立ち振る舞っている人が、家では真逆の人間ということがよくあります。

外でいい人を装っている反動から、このような態度になってしまいます。

特に男性は、悩みや感情を表に出さないことが美徳という意識が日本にはあります。

これを表しているのが、男が泣いていいときは、生まれたとき、親が死んだとき、愛する人を失ったとき、という言葉です。

しかし男性も人間なので、辛く悩んでいるときもあります。

そのようなとき、憂さ晴らしとばかりに会社帰り同僚と飲みに行き、ストレスを発散します。そこで愚痴を言い合うことでストレス発散になり、気付かぬうちにお互いの人間関係が親しくなっています。

この愚痴を言い合うということが、人との関係構築において重要な行為の一つとなります。

 

愚痴とは少し違いますが、いつもは明るく元気な人間を演じている人物が、「実は悩みがある。あなたを信頼しているから言うんだけれど」といった話し方をすると、相手は自分が信頼されていると思うと同時に、親しみを感じます。

そうすると、相談された側からも「実は…」と話し始めることがあります。

 

こういった秘密の共有ができると、男女問わず関係性が深まります。

お互いが秘密を打ち明けるときは、まず自分から言うことが大切です。

相手から無理に聞き出そうものなら、なぜ言わないといけないのかと思われ、逆に関係性が悪くなってしまうことがあります。

この秘密の共有の中に、誰にも言えない愚痴、というものも含まれてきます。

誰にも言えない愚痴、を共有できる関係として多いのが職場の同僚です。

職場では新たな愚痴も生まれやすく、一回共有した相手とは次なる愚痴も共有するため、職場恋愛から結婚するケースが多いのかもしれません。

 

弊社の工作の際にも、この手法を用いることがありますが、まずはある程度関係性ができてから実行しています。

秘密を打ち明けるということは、自己をさらけ出す行為なので、あまり親しくない関係性の時に実行しても口が軽い人などと思われ、逆効果になってしまう可能性があるからです。

 

 

人との関係構築の一つとして、まずはコミュニケーションを取る、次に頃合いをみて自分を出していく、そして二人でしかできない話をする。

そうすることで、相手に自分は信頼されていると思ってもらう。

このようにして距離を縮め、関係を構築していく方法もあります。

 

 

弊社は復縁屋、別れさせ屋として、恋愛に対して日々様々な角度から考え、工作に活かしております。また出会い工作、付き合い工作、などでもお客様のサポートをさせて頂いております。

恋愛でお悩みの方、まずはお気軽にご相談ください。

 

ページトップへ

aaaa aaa