ローディング用ロゴマーク

Once Again

あの人とよりを戻したい、
大切なあの人との関係を
元に戻すサービス

復縁屋とは

一般的に復縁屋とは、別れたカップルや離婚した夫婦のどちらかが復縁を望んでいるけれど実現できないとき、復縁できない理由を解明し復縁できるようにサポートをする探偵会社のことを言います。
お客様のご依頼内容は、ご自身が別れた相手と復縁したい、といったケースが大半を占めております。
どうしても復縁したいけれど相手に受け入れてもらえない、復縁したいけれど相手と連絡がとれないなど、ご自身での復縁が難しく、共通の友人ではない第三者の介入が必要となるケースも多くございます。
そうした状況の方からご依頼を受けたとき、復縁屋は復縁に必要な専門知識を用いて復縁できる条件を整えます。
別れに至った原因の改善と交際時よりも成長した姿をアピールし、さらに復縁工作による心理誘導を加えることで、復縁屋は復縁を実現化しています。

復縁屋に依頼する前に
押さえておきたいポイント

 

目次



復縁屋の仕事

復縁とは、厳密に言うと諸事情により関係が切れた者同士が、再び元の関係に戻る事を言います。復縁屋が提供しているサービスの復縁工作は、主に恋人関係や夫婦関係にあった二人が元の関係に戻る為のサポートをする事を言います。
では復縁屋が具体的にどのようなサポートをするのでしょうか。

【相手が別れる決断をした理由を把握】

まず交際していた二人が別れるには、別れに至った原因があります。その原因をきちんと分かっていなければ、復縁できたとしても同じ事が原因で別れる可能性があります。2度同じ事が原因で別れた際は、相手の信用度も更に下がり、もう一度復縁となると非常に難しくなります。また別れた原因を理解せずに復縁の為に努力をしたとしても、見当違いの努力になり兼ねません。
そのような事がないように、 相手が別れる決断をした理由をしっかり把握する事が大事になってきます。その為にも、まずは対象者(元交際相手)と工作員が友人関係を確立し、対象者が思っている別れた理由を聞き出します。その他にも現在の恋愛事情、好意を持っている異性がいるか、今後付き合いたいタイプはどのような異性か、等も聞き出します。それらを聞き出す事により、ご依頼者様が復縁の為に成すべき事が見えてきます。

【ご依頼者様の努力も必要】

対象者と連絡が取れる関係の場合は、連絡をするべきか、否か、連絡をする場合は、タイミングや内容など、聞き出した情報を基にアドバイス致します。そして復縁の為に努力する事が見えても、実際に努力し改善しなければ意味がありません。
改善すべき内容によっては、相当時間がかかる事もございます。まずはご自身に足りない部分があった事を受け止め、復縁屋のアドバイスを受けながら改善して頂きます。ご依頼者様が努力されている間、工作員は対象者に対し、対象者が抱いているご依頼者様に対する心象が良くなるようにフォロー致します。
そしてご依頼者様が変わったという事を、対象者と連絡を取る、もしくは直接会うなど、対象者とコミュニケーションを図る事で自然にアピールします。この際、ご依頼者様は緊張される事もあると思います。しっかりとご依頼者様のサポートをする事も復縁屋の仕事です。ご依頼者様の努力と、工作員が対象者から本音を聞き出す事により、どうすれば復縁できるかをご提案致します。
復縁屋が行う復縁工作は、人の複雑な心理を、復縁屋スタッフとご依頼者様が協力し合い紐解く事で、復縁を実現化させているのです。

復縁屋を探偵がやる理由

現在復縁屋を営んでいる会社のほとんどが探偵社です。ではなぜ復縁屋を探偵社がやるのでしょうか。
恋人関係や夫婦関係にあった二人が復縁するには、復縁したい相手から別れた理由や現在の恋愛事情などを聞き出す必要があり、その為には工作員が対象者と友人関係を確立しなくてはなりません。友人関係を築く為には、警戒心を抱かれない為にも自然なかたちで接触をする必要があります。

【対象者の行動パターンを把握する】

対象者と自然なかたちで接触するには、まずは対象者の行動パターンを知る事が大事です。行動パターンを知っておけば、その中で最も自然なシチュエーションで接触を試みる事ができるからです。この 対象者の行動パターンを調査するところで探偵社の力が発揮されます。なぜならば、尾行や張り込みが必要になってくるからです。
探偵社は探偵業届出の交付を各警察署より受けております。探偵業を営む上で、探偵業の業務の適正化に関する法律、いわゆる探偵業法というものがあり、その第2条に 尾行 張り込み 聞き込み これらに類する実地調査を行う事で、調査対象者の情報収集を業務内容にすると定められています。
つまり 復縁屋を行うには対象者の情報収集が必要であり、情報収集を行うには探偵業登録が必要になります。探偵社として対象者の調査を行い、そこで得た情報を基に工作に活かしていきます。このような事から、探偵社が復縁屋を行なっているのです。

復縁屋の社会的意義

復縁をしたいと思っている方の多くは、失恋の悩みや失恋のストレスを抱えています。重度になると失恋のストレスから鬱になってしまう、いわゆる失恋鬱になり、最悪のケースは自殺を図ることもあります。
失恋したことや失恋した相手との関係で悩みを抱えている方が、恋愛や失恋の専門家である復縁屋に依頼すると、復縁屋はカウンセリングやメンタルケアを行います。悩みを共有し解決に導くことで、復縁屋は失恋鬱による事態の深刻化を防ぐ役割を果たしています。
また、世間ではストーカー被害の数も多くなっており、その中では元交際相手がストーカーになるケースもあります。
別れた相手に対して未練がある場合はストーカーになる可能性を秘めており、2人の間に復縁屋が入ることで犯罪抑止効果にも繋がる結果になっています。
これらのことから復縁屋は、復縁したい人の願いを叶えていることに加え、失恋鬱による事態の深刻化を防ぐ役割と、ストーカー行為に及ぶ可能性の芽を摘む側面も持ち合わせていると言えます。

復縁屋の工作内容

復縁工作は、主に恋人関係や夫婦関係にあった二人が元の関係に戻る為のサポートをする工作です。
復縁工作を成功させるには工作員が対象者と仲良くなり、恋愛の話しなどができる関係にならなくてはなりません。この場合の多くは別れさせ工作とは違い、対象者と同性の工作員が接触をします。
過去に対象者と仲良くなった際には、食事や映画鑑賞、一緒に料理教室へ参加や占いに行く、変わった内容では高架下巡りなどもありました。
工作員は対象者から信頼を得る事が必要になってきますので、対象者から尊敬されるなどの人物像を演じます。
工作中に対象者と映画の話しになった場合は、復縁を考えてしまう内容の映画をお勧めするなど、対象者に復縁というキーワードを連想させる事も行います。
また工作員自身も復縁をしてうまくいっているなど、自らの実体験を話す事により、対象者が復縁に不安を抱えている場合は不安心の払拭を、復縁に気持ちが向いていなければ気持ちを向かせてあげる事など、対象者の心理を復縁の方向へ誘導する事も行います。
まずは対象者から信頼を得る為の工作。そこで信頼を得れば成功への道は開けてきます。

  • 実際の復縁工作内容事例

    • 対象者が女性の案件でした。別れて2ヶ月程が経ち、連絡をとっていない関係です。別れた当初はご依頼者様が執拗に連絡をしてしまった為、対象女性は疲れてしまったようです。
      女性工作員が接触を開始し、同性同士なので連絡先交換から食事までは比較的スムーズに進行できました。対象女性の現在の恋愛事情を聞くと特に何もなく、元彼と別れた原因を聞くと、結婚を考えていたけれど経済面に不安があり、それを言っても特に何もしなく、しかし結婚はするすると言い、口ばっかりで行動が伴っていない。という厳しいお言葉でした。
      まずはその事をご依頼者様にご報告をし、ご依頼者様ご自身が変わって頂かないといけない為、話し合った結果空いた時間にアルバイトをして頂く事になりました。
      そしてご依頼者様から頂いていた情報の中で、対象女性は占い好き、という情報があったので、それを工作に活かす事になりました。

      次回の食事の際、弊社と提携しているお店を使用する事にしました。そのお店にて占いのイベントを実施し、弊社工作員が占い師として対象女性を占うという工作です。
      お店は貸し切りにし、他のお客さんも弊社工作員のみの状態にしました。当然占いの結果は復縁したほうがいいという内容ですが、その中に彼も悪いけれどあなたも悪い、彼はあなた次第で如何様にもなる、近日中に彼から連絡があるかもしれないから優しく対応してあげなさい、という事を話しました。そして何か困った事があった時は連絡をくださいと、占い師役の工作員の連絡先を渡しました。
      占いが終わった後は、仲良くなっている工作員と占いの結果の話しをし、より復縁を意識する会話をしました。
      この事をご依頼者様にご報告し、後日ご依頼者様から対象女性に連絡して頂きました。すると対象女性の反応も良く、元彼から本当に連絡があったとかなり驚いていたようです。
      それからご依頼者様は対象女性と連絡を取り合い、自身がアルバイトを始めた事を伝え、具体的な行動をしている事に対象女性も見直しました。
      この事がきっかけで、対象女性は占い師役の工作員の事を信じ、恋愛に悩んだ時には友人関係を築いている工作員、そこでも悩みが解消されない場合は占い師役の工作員に連絡があり、復縁に導く話をしました。当然ご依頼者様にも努力して頂き、悪いところは厳しく指摘しましたが、それをきちんと受け止め改善され、工作員もフォローをし、ご依頼者様含めチーム一丸となる事により復縁する事ができました。

      工作開始から3ヶ月で成功した本案件。工作員の会話力と演技力、そしてご依頼者様の真剣なお気持ちと、ご自身と向き合い努力された事が強く印象に残っています。

復縁屋の成功率について

復縁屋へのご依頼をご検討する際に、成功率は非常に気になると思います。
一般的に言われている数字として、復縁屋が介入しないケースで別れたカップルが復縁する確率は約15%、全ての別れたカップルが復縁を望んだ場合に復縁できる確率は約35%という数字になっています。
仮に復縁屋に依頼をしなくても復縁できる確率が35%だった場合、復縁屋に依頼をすることで+◯◯%復縁できる確率が高くなります。
この◯◯%は復縁屋によって変わるものであり、成功率の高い復縁屋ほどその数字は高くなります。
弊社で一番復縁成功率が高いケースは、対象者が28歳〜35歳の年齢で、ご依頼者様に対して多少なりとも未練があるケースです。このケースの復縁成功率は85%を超える結果が出ています。

【復縁屋の成功率は、測れない要素も含まれる】
ご相談時によく成功率を聞かれますが、お聞きした状況だけでは正確性のある成功率を出すことは難しいものです。
例えば、別れたカップルの復縁ケースと離婚した夫婦の復縁ケースでは、離婚した夫婦を復縁に導く方が難易度は高くなることが普通です。しかし別れた本当の理由を知ると難易度が逆転するということもあるのです。
また、対象者の社会的要因や環境的要因による不可抗力、ご依頼者様自身がどれくらい復縁に向けて努力をするかなどもご依頼前には未知な部分です。

【復縁屋の成功率の数値化】
ご相談時は問題が山積みになった状態のため復縁成功率が一番低い時と言えます。ご依頼をいただき復縁屋がサポートすることで復縁が成功する確率は上がってきます。
復縁屋の成功率は、ご相談時、調査時、復縁工作初期、中期、後期、などによって推移し、それぞれのタイミングによって変わるものであり、復縁工作は復縁できる可能性を上げていく作業になります。
上記を踏まえた上で、復縁屋の成功率を無理にでも数値価するならば、成功率が高い復縁屋の成功率は、60%〜80%と考えれば良いでしょう。
弊社では、他社で失敗した件を再度挑戦するリベンジプランでも数多く成功していますので、一定水準以上の成功率であることは間違いありません。

復縁屋の成功率が高いケース

カップル

成功率が高いケースは、案件の難易度が易しいという事になります。
ここではそれに当てはまるケースをご紹介致します。

別れた経緯

・別れておらず、まだ付き合っているが、関係が良くない
・自分から別れを切り出した
・お互い一時的な感情で別れてしまった
・お互い気持ちはあるが、状況的要因で別れてしまった
・冷静な話し合いの末別れた

これらのように、何が原因で別れたかをきちんと理解されている場合は、成功率が高い傾向にあります。

対象者との関係性

・二人で食事に行く事ができる
・職場の同僚など、毎日顔を合わせる
・電話や直接会えるなど、コミュニケーションを図る事ができる

復縁をするには別れた原因を改善し、相手に認めてもらう事が必要となります。
別れた後も相手と顔を合わせコミュニケーションを図れる場合、関係も途切れておらず、自然と改善した事をアピールできる機会があるので、復縁には強みとなります。

ご依頼者様の性格

・性格がポジティブ
・感情的にならない
・相手のペースに合わせる事ができる
・会話力、文章力がある

復縁を叶えるには、ご自身を改善する努力が必要になります。相手に原因を押し付けるのではなく、ご自身の至らなかったところを受け止め、自分自身と前向きに向き合う事は大事です。
また復縁するには、相手と直にコミュニケーションを取る必要があります。
その時に、自分の思うようにいくとは限りません。 思い通りにいかなかった時でも感情的にならず、相手のペースに合わせる事が必要となってきます。
また相手とコミュニケーションを取る際に、会話なら会話力、メールなどの文章ならば文章力と、きちんとこちらの気持ちを上手く伝え、理解を得る事も大事な要素です。

対象者の性格

・柔軟な性格である
・人の意見に左右されやすい
・寂しがり屋

復縁工作では、対象者と工作員が友人関係を確立する事が多くあります。その際に、対象者が柔軟な性格であれば、他人の意見に対して拒否反応を示さず、まずは一旦一つの意見として受け止めてもらう事ができます。
また人の意見に左右されやすい場合は、工作員が復縁を後押しした際に、心が傾きやすくなります。寂しがり屋の場合、心に隙が生まれやすい為チャンスが多くあり、復縁には有利に働きます。

別れてからの期間

復縁までの平均期間は5ヶ月程と言われています。その中でも早く復縁に至るケースや、もう少し時間がかかってしまうケースがあります。それは別れ方や、別れた原因、現在の状況などによって大きく左右されるからです。
復縁では別れてからの期間よりも、その時の相手の心境や状況をしっかりと把握し、チャンスを見逃さずに掴む事が大事になります。

対象者の職業

・異性が少ない職場
・定期的な異動がない
・体力、精神的にハードな職種

対象者の職場に異性が少なければ、社内恋愛をする可能性が低く、異性と出会う機会も限られるので、新たな恋愛をする可能性が低くなります。
定期的な異動がなければ、外的要因から恋愛を抑制される可能性が減ります。
体力精神的にハードな職種の場合は、支えを必要としている方が多いので、相手が疲れている状況などを理解し良きサポートができれば、復縁しやすいケースとなります。

対象者の行動パターン

・一定の場所へ定期的に通う習い事をしている
・行きつけの飲み屋などがある
・よく利用する喫煙所がある
・出勤時などにいつも同じ車両に乗る
・自転車をいつも同じ場所にとめる
・いつも利用する買い物先がある

対象者がよく行く場所、同じ行動パターンがあれば、それを工作に活かす事ができます。
対象者と工作員が友人関係を築く際に、毎回違う場所、違う時間に接触をすれば対象者に不自然に感じられる可能性もあります。ですがある程度同じ場所、同じ時間などで接触をすれば自然な印象を与え、対象者とコミュニケーションも取りやすくなります。
対象者と関係を築けた後は、無理にその場所で接触をする必要はありませんが、関係を築けるまではより自然さを演出する必要があります。
対象者と友人関係を築く事は案件を成功させる上で非常に重要になりますので、よく行く場所、同じ行動パターンがある場合、それを工作に活かす事により成功率が高くなります。

これまでは主に成功率が高いケースについて書いてきましたが、この他にも成功率に関係してくる要因はたくさんあります。 その他の要因の中で大事な事の一つとして、ご依頼者様の復縁に対する思いと継続的な努力が挙げられます。
このように案件を成功させるには、様々な要因が折り重なり成功へと繋がっています。ご依頼に際して成功率で悩まれている方は、以上の事を参考にして頂ければ幸いです。 

復縁屋の成功事例

5年付き合っていた彼と別れてしまったので、復縁したい

事例1:ご依頼者様
20代後半女性 埼玉県在住
  • 詳細を見る

    • 別れ話の時、お互いの為に別れたほうがいいと言われました。理由を聞いても納得できる答えはなく、何を言っても受け入れられず、別れるという強い意志を感じたので別れを受け入れました。
      別れた直後は連絡をしましたが、返事がないので連絡を断念しました。
      しかし思いは断ち切れず、別れて2週間悩んだ末、ご依頼するに至りました。

      男性が特別な理由もなく別れを切り出す際は、気になる異性・好きな異性が現れた可能性がある為、ご依頼者様とご相談をし、まずは対象者(元彼)の調査を行う事にしました。
      対象者は出版社に勤めており、退社時間は日によってかなり不規則でした。
      調査の中で女性と会う事はありませんでしたが、退社後に特定の喫煙所に寄る事が判明したので、後日その喫煙所にて工作を行いました。アイコスの話などで盛り上がり、予想以上に会話が弾んだようです。
      2回目の工作までにアイコスを用意し、工作の際に対象者にも使ってもらうなど流れを作り、連絡先交換をする事ができました。連絡を取り合う中で飲みに行く約束を取りつけ、工作員お勧めの店に飲みに行く事に。飲みに行った際、様々な話をする中で恋愛の話もできました。
      今は彼女はおらず、気になる相手もいない。以前付き合っていた彼女と別れた理由は、長年付き合っているうちに家族のようになってしまい、付き合っている途中から彼女は太ってしまった為か、昔のような魅力を感じなくなった。また相手は結婚願望が強かったが、自分は今仕事だけで精一杯でとても結婚という考えはできなかった、との事でした。

      聞き出した内容をご依頼者様にお伝えしました。ご依頼者様ご自身も、確かに以前よりも太り、結婚についても言いすぎていたと思うと自覚があったようです。
      まずは問題点を改善すべく、ご依頼者様にダイエットをして頂きました。定期的に弊社女性スタッフと面談をし、その際に体重測定をするなど徹底的に行いました。
      対象者と出会った頃とまではいきませんが、目に見えて分かる効果が出た頃、工作員が得ている情報を基に、対象者の仕事が忙しくない時を見計らい、ご依頼者様から連絡をして頂きました。
      無事対象者から連絡がきたので、その流れを切らさないようアドバイスをしながら、継続的に連絡ができる関係まで回復しました。やり取りの中でダイエットをしている事を伝え、対象者も関心を示し、一度会おうと言われたようです。
      久しぶりに会った際の第一印象は非常に大事な為、弊社スタイリストと共に買い物に行き、服装から髪型まで変えて頂きました。また会った際の心構えとして、対象者に楽しんでもらう、また会いたいと思ってもらう。その為には対象者との食事の際、気配りから明るい話題づくり、そして対象者の話に興味を持っているよう聞き入ること、ご自身が話を進めてリードしていくより対象者が話しやすい環境を作り、興味を持って聞いてあげること。これが第一で、付き合っていた時の反省点を言う事や、復縁を迫る話しは絶対にしないことをお伝えしました。

      ダイエットの効果と見た目を変えた事から、弊社アドバイスを実行して頂いた事が功を奏し、対象者は終始機嫌が良く、「頑張ったね」としきりに言ってくれたようです。それからも継続した連絡のやり取りとダイエットをして頂きました。

      工作員が対象者と食事に行った時、対象者からご依頼者様と食事に行った話があり、痩せたし雰囲気も変わっていてビックリしたと話していたようです。そこで工作員もご依頼者様の印象を更に良くなるよう話をしました。

      今度は対象者からご依頼者様に食事の誘いがあり、食事へ行く事になりました。色々な話をする中で、彼氏や好きな人ができたかを聞かれたようです。この食事の際に、ご依頼者様も手応えを感じたようでした。

      ご依頼者様に関する話を聞く事を目的として、再度工作員と対象者が食事に行きました。対象者から別れた事を今更ながら後悔しているという言葉があり、工作員は復縁の提案をし、自分から振ったのに…と言う対象者を説得し、復縁の後押しをしました。
      意を決した対象者は工作員の目の前でご依頼者様に連絡をし、会う約束をしました。後日2人が会った際、対象者から復縁の申し出があり、当然ご依頼者様も快諾をし、復縁する事ができました。

      ご依頼者様の懸命な努力があり、対象者から復縁の申し出があるという理想の展開を、工作開始3ヶ月半で実現できました。

1年程付き合っていた彼女と別れてしまったので、復縁したい

事例2:ご依頼者様
30代前半男性 神奈川県在住
  • 詳細を見る

    • 彼女から疲れたから別れようと言われ、引き止めるのもかっこ悪いと思い別れてしまいました。別れて1ヶ月程は変な意地が勝っていましたが、時間が経つにつれ簡単に別れてしまった事を後悔しています。
      別れてから連絡も取っておらず、まずは友人関係からでもいいので、彼女と会って話せる状況を作って欲しいというご依頼でした。

      対象者(元カノ)はエステティシャンをしており、工作員が通い対象者に施術してもらう中で自然と仲良くなり連絡先交換ができました。施術中に話題になったご飯屋さんへ行き、女性同士で恋愛話しをしました。
      対象者は現在彼氏はおらず、前の彼氏と別れた理由は束縛が原因であるとの事でした。そして対象者からテニスに興味がある事を聞けたので、一緒に始めようという話しをしました。対象者は非常に乗り気で、工作員が色々調べて次回の食事の時に話し合う事になりました。
      まずはテニススクールを調べ、対象者が通いやすい場所や料金など、対象者目線に立ち考え、そしてご依頼者様も通う際に不自然ではない場所の候補を幾つか選び出しました。幾つか候補が上がったので、ご依頼者様にご相談をし、最優先候補である場所に友人役の男性工作員と共に先に入会して頂きました。

      次の対象者と工作員の食事の際、通い先の候補リストについて話し合い、ご依頼者様に先に通って頂いているテニススクールへ入会する事になりました。
      ご依頼者様と同じレッスンを受ける段取りを済ませ、ご依頼者様には偶然を装って頂き対象者とテニススクールで出会いました。
      出会った際の対象者はかなり驚き、ご依頼者様にも驚いて頂きましたが、できるだけ柔和に接して頂くようアドバイスをしており、それを実行して頂きました。それでも対象者はぎこちない感じでしたが、工作員も交えて交流するうちに和んできた様子でした。
      ご依頼者様は対象者と久々に会い、やはり自分は彼女の事が好きだと感じたようです。

      後日、工作員は対象者からレッスンを受けている一人が元彼である事を聞きました。工作員は驚いた演技をし、大丈夫かと心配する言葉をかけましたが、付き合っていた頃と違って圧迫感がないので大丈夫、不思議だけど楽しい、と話していました。その会話の際に、工作員は友人役の男性工作員に興味がある事を話しました。

      幾度かレッスンに通い、自然とご依頼者様と対象者が話せるようになった時、友人役の男性工作員が対象者と女性工作員を食事に誘いました。対象者、ご依頼者様、対象者と仲良くなった女性工作員、友人役の男性工作員、の4人でレッスンの後に食事に行きました。
      食事の場では、友人役の男性工作員と女性工作員が会話をする事で、自然と対象者とご依頼者様も話す事ができました。
      その後もレッスンと、時折レッスン後の食事を繰り返し、親交を深めていきました。

      食事以外でも4人で遊びに行く事ができ、友人役の男性工作員と女性工作員が手を繋ぎ、同じタイミングでご依頼者様に頑張って頂き対象者と手を繋ぐ事ができました。
      継続して親交を深めていき、頃合いを見計らい女性工作員と友人役の男性工作員が付き合う事を対象者に話しました。女性同士の恋愛話しから対象者自身の心境を聞く事ができ、元彼(ご依頼者様)と戻ってもいいかな、という気持ちがあるとの事だったので、工作員は後押ししました。
      その事をご依頼者様にお伝えし、2人で会う約束を取り付けて頂きました。2人で会った際は対象者に楽しんでもらう事を心がけて頂き、ご依頼者様の覚悟が決まったところで告白をしました。対象者は少し迷ったようですがOKを出してくれました。

      対象者はまだ不安に思っている様子もあったので、その後も対象者にフォローとご依頼者様にアドバイスをし、2人の絆が深まった事を確認し、復縁工作成功とさせて頂きました。

別れさせ工作〜復縁工作(別れさせ工作成功後の復縁工作)

事例3:ご依頼者様
30代前半男性 京都府在住
  • 詳細を見る

    • 別れさせ工作成功後のお話です。

      対象者(元カノ)と女性工作員は、別れさせ工作の際に信頼関係を築けていますので、その後も継続して会っています。
      会った時には、別れさせ工作で起こった事等を食事の席で話しながら、過去の恋愛と今の恋愛に対する心境を聞きました。
      対象者は、今までの人は真面目で付き合うと長く、前には一度だけ同棲していた事もあった。付き合うと何でもやってあげてしまい、それが当たり前になり、相手が調子に乗ってしまう。今まで別れる理由はだいたい似ていたけれど、今回のような浮気をされたケースははじめてで、自分の男性を見る目の無さにガッカリしている。今は当分恋愛する気はなく、もし今後付き合うなら真面目で絶対浮気しない人。そして将来の事をきちんと考えていて、あとは調子に乗らない人。自分自身も相手に尽くしすぎないようにしないといけない、と話していました。

      対象者の今の気持ちをご依頼者様にお伝えし、ご依頼者様がやるべき事として将来のビジョンを考え、それに向けて本気で取り組むこと、そして努力の実績を作ること。これをして頂くことになり、仕事後に資格取得に向けて社会人講座に通うようになりました。

      対象者が気持ちを持ち直すのに時間を要しましたが、ようやく恋愛に対して前向きな発言を聞く事ができました。ここで焦らず、もう少し対象者の気持ちが整うのを待ちました。
      直に接触している工作員の判断を基にして、ご依頼者様から連絡をして頂きました。数日待った後、対象者から返事がありました。ご依頼者様との連絡は4ヶ月程期間が空いていた事、また対象者の心境も良くなっているのも手伝ったのかもしれません。
      連絡のやり取りでは、対象者から別れた以降の事などを聞かれ、ご依頼者様はそれに答える、といった流れで、対象者から久しぶりに顔が見たい、と言われ会う事ができました。
      会った際ご依頼者様には聞き役に回ってもらいました。会話の中で昔よく一緒にやっていた卓球の話しになり、次回一緒に行く約束ができました。

      お酒を飲みながら卓球をし、彼が勉強している事に対象者は興味を持ち、内容をまとめたノートを見て、変わったね、尊敬する、という言葉が出たようです。

      対象者と工作員が会った際に、最近の話しの中でご依頼者様と会った話しがあり、すごく良い風に変わっていた、前は私がいたからダメだったのかな、と言ったので工作員は対象者のフォローをしながら復縁に向けて前向きな話しをしました。対象者も真剣に考え、自分の中で納得している様子でした。
      その後もご依頼者様と対象者は継続的に連絡を取る事ができ、やり取りの頻度も増え、内容も普通のカップルと変わらないものになりました。

      かなりいい関係になっているので、ご依頼者様が対象者と会った際、告白をして頂く事に決まりました。
      告白の際は、昔を振り返ってネガティブな発言はせず、ご依頼者様の言葉で感謝の気持ちと今の素直な気持ち、そして真剣に将来の話しをしました。
      対象者から、私ももう一度やり直したい、という返事をもらえました。対象者は途中から涙目になり、ご依頼者様ももらい泣きしてしまいそうだったようです。

      後日工作員が会った際にその話しを聞き、対象者は頑張っている人の為に尽くす事は幸せだ、と言っていたようです。あまり尽くし過ぎないように、と工作員も笑顔で話したようです。
      ご依頼者様には、今後も将来を見据えて頑張って頂き、相手に対して感謝の気持ちを忘れてはいけない事をお伝えしました。

      別れさせ工作〜復縁工作  約半年かかりましたが、その都度対象者の心理状況を把握できた事が、復縁に結びついたと感じております。

婚約破棄された元恋人と復縁したい

事例4:ご依頼者様
30代後半女性 東京都在住
  • 詳細を見る

    • ご依頼者様は、在日韓国人の女性です。
      結婚の約束をした男性から、突然婚約破棄されました。
      理由もハッキリ教えてもらえないまま、連絡を取ることが出来なくなりました。
      別れを告げられる前日までは仲が良く、どうしても納得が出来ないし別れたくないので、理由を判明させ復縁したいというご依頼でした。

      対象男性はご依頼者様よりも6歳年下で、婚活パーティーで知り合い結婚を前提に1年半程付き合っていました。
      別れを告げられる2週間前には、対象男性の家族に結婚の挨拶も済ませ、新居探しのために不動産物件巡りをしたり、家具等を見に行ったりもしていたそうです。
      別れる2日前のLINEには、対象男性から「愛してる」というメッセージも送られていました。
      ご依頼者様自身には、別れに至る原因に心当たりが無く、もうすぐ結婚して幸せになるはずだったのが、今は連絡すら取れない関係になっていることに傷心していました。

      対象男性は、お父様の経営する会社で専務として働いており、趣味はゴルフで、仕事帰りに打ちっぱなしに立ち寄ることが多いとの情報がありました。
      ここでゴルフ経験のある男性工作員が数回接触して、仲良くなることが出来ました。
      対象男性は、和食と日本酒が大好きなようで、近いうちに飲みに行く約束をして、連絡先の交換をしました。

      後日、男性工作員から対象男性へ連絡を入れ、仕事終わりに食事に誘います。
      創作和食のお店で、日本酒の種類も多く取り扱っており、対象男性はとても気に入った様子でした。
      お酒がすすむうちに、対象男性が最近まで付き合っていた女性の話をし始めました。
      何をするにもとても気が合い、一緒に居て楽しい女性で大好きだったのですが、本気で結婚を考え両親に紹介すると、反対されてしまったそうです。

      対象男性のご両親は国際結婚に偏見を持っており、ご依頼者様に対する印象は良くありませんでした。
      そんな中でのご両親とご依頼者様の会食の際、緊張していたご依頼者様は、お酒を飲みすぎて酔っぱらってしまったそうです。場を盛り上げようと一生懸命話したことも、裏目に出てしまいました。
      ご両親は、もともとご依頼者様を良く思っていなかったこともあり、跡取りの嫁として相応しくないと、結婚を反対しました。もちろん対象男性は、何度もご両親を説得しましたが、聞き入れてもらえず。
      対象男性自身は、ご依頼様に対してまだ好きな気持ちがあるため、連絡をとってしまうと離れられないと思い、全ての連絡を絶ったそうです。

      復縁の鍵は、ご両親の気持ちを変えることにあるようでしたので、対象男性のご両親に対して、国際結婚をしている設定の工作員が工作を仕掛けることにしました。
      ご両親と話せる関係になったあと工作員から、国際結婚はそれぞれの文化の違いはあるが、一緒に生活をしていくなかでお互い勉強になり、価値観を高め合える関係を築くことが出来ている、という話をしました。
      これがご両親の中にあった国際結婚への先入観を再考する一石となり、実は自分達の息子にも、在日韓国人の婚約者が居たことを話してくれるまでになりました。
      その後も工作員達と話すなかで、息子が結婚まで考えた相手を、自分達の価値観で反対してしまったことが果たして正しかったのか、思いを巡らす表情がそこにはありました。

      数日後、ご依頼者様の元に対象男性から連絡がありました。
      急に別れを告げたことへのお詫びと、もう一度やり直したいという気持ちを伝えられたそうです。
      ご両親との再会は、対象男性の自宅で手料理を振る舞うことになりました。
      ご依頼者様の家庭的な一面を見せることができ、ご両親とも打ち解けることが出来たそうです。

      復縁工作は成功し、アフターフォローでは、ご両親への気配りや接し方についてアドバイスをさせていただきました。
      ご依頼者様は、対象男性のご両親に更に気に入ってもらえたようです。
      その後も丁寧に丁寧に時間をかけて信頼関係を築き、最終的には無事ご入籍されました。

離婚した元妻と復縁したい

事例5:ご依頼者様
40代前半男性 大阪府在住
  • 詳細を見る

    • ご相談を受けた時は、離婚をされてから半年程経過した頃でした。
      自分の至らなさで離婚してしまったけれど、子供のこともあり別れた奥さんとどうしても復縁がしたいと話されました。
      詳しくお話しをお聞きしたところ、交際してから1年程で入籍し、それと同時に一緒に住み始め、1年程経った頃に離婚されたようです。
      離婚の理由は色々なことの積み重ねもあるけれど、ご依頼者様が実家以外で暮らすことがはじめてで、実家での生活スタイルが基準になってしまっていたことが一番の理由でした。
      ご依頼者様の父親は亭主関白で、母親は家事は女性の仕事だと思っている人でした。
      対して対象者は仕事が忙しい人物で、家事は夫婦で分担すればいいという考え方でした。
      元来、家事に対する普通という基準は家庭によって違うものですが、自分の育った家庭が正解だと思っていたご依頼者様は、その形に対象者をはめようとして軋轢が生じ関係性が悪くなってしまいました。
      夫婦の関係性が悪くなり始めると、対象者は週末になると子供を連れて頻繁に実家へ帰るようになり、夫婦が離婚に至るまでそれほど時はかかりませんでした。

      このケースの復縁工作では、対象者がどのポイントで復縁の心理が働くかを見極める必要があります。
      工作員が対象者から聞き出した情報の中に、対象者の生い立ちに関する話がありました。
      対象者が育った環境は母子家庭で、父親がいる家庭がどのようなものか想像できないと話していたようです。
      片親で育った場合、仲の良い夫婦というものを肌で感じる機会がなく、夫婦がどんな風に仲良くするべきなのか、どのように仲直りするのかなどが分からず、片親でも生活することは問題ないことも経験しているので、離婚という道を選択しやすくなります。
      夫婦間の愛情は、お互いに恋愛感情が永遠に続く夫婦もいますが、恋愛感情が人間愛に、または家族愛へと変化する夫婦も多くいます。しかし対象者は家族の形が分からないこともあり、家族愛というものが掴めないようです。
      このあたりはご依頼者様が夫としてのリーダーシップを取らないといけませんが、ご依頼者様も箱入り息子感に加え、少しマザコン気質が出てしまっていましたので、同じことを繰り返さないように成長するためのサポートを行いました。

      これまで対象者に対し継続して行っている工作の中で、対象者の人間性が掴めてきました。
      復縁に対するポイントは、対象者の子供に対する考え方です。
      対象者は現実的な考えをする方で、教育には力を注ぎたいという思いがありました。
      子供の人格形成や教育的な面で父親がいないことに対する懸念が言葉の端々で感じられました。子供を立派に育てないと、病気になってはダメ、仕事をして経済的に困らないように、心が張り詰め休まる時間がないようでした。
      子供とご依頼者様の相性はいいようで、そのことも復縁にはプラスに作用しました。

      それぞれの取り組みの効果が実感できた頃、ご依頼者様と対象者と子供が集まる機会を作ることができました。
      ご依頼者様自身の変化と子供とご依頼者様が接する姿、などを対象者が直に感じたことで、対象者が意地になっていた心が緩和されました。
      後日の工作のとき対象者から「うちの子には父親が必要だと実感した」と工作員は聞いたようです。
      引き続き工作とアドバイスを行いました。

      最終的に、離婚した後もお互い子供のことを思い頑張っている。それぞれが苦労しながら成長することで、お互いを思いやることができるようになり、周りの人たちを含めすべてが結婚している時とは違って居心地良く感じたようです。
      すぐに籍を入れ再婚とはなりませんでしたが、もう一度夫婦に戻ることを目標に一緒に生活をはじめることになりました。
      復縁工作は成功しアフターフォロー中に対象者から聞き出した話の中で、父親という存在がそばにいる安心感、子供を守ってもらえる安心感。家族の形は分からないけれど、この状態が続くことを願っている、と話していたようです。

復縁屋の難易度が高いケース

復縁工作を遂行する際に難易度が高いケースは、成功に至るまでに乗り越えなければならない壁が多くあります。
ご依頼前は、ご自身のケースの難易度が高いか低いかを知りたいところです。
難易度の高低によって、料金も変わってくるので非常に重要です。
難易度が易しいケースは、 復縁屋の成功率が高いケースに書かれていますので、ここではどのようなケースの場合に難易度が高いのか、それに当てはまるケースをご紹介致します。

別れた経緯

・浮気を繰り返した
・金銭トラブルが原因
・DVを振るっていた
相手の信用を極端に失っている場合は、難易度が高くなります。

対象者との関係性

・相手が電話やメール、LINEなどを拒否している
・コミュニケーションを図る事ができない
・相手が無関心である

長期間に渡り、相手が電話やメール、LINEなどを拒否している場合、一時的な感情ではない為、復縁には時間を要する可能性が高くなります。
愛情の裏返しは無関心、という言葉があります。例えば嫌悪感を抱かれていた場合はまだ感情が残っています。人は何かに対してどうでもいいと思った場合、見向きもしなくなり関心が消えます。一度相手の心からお客様への関心が消えてしまった場合、復縁の難易度は高くなります。

ご依頼者様の性格

・性格がネガティブ
・感情的になってしまう
・相手のペースに合わせる事ができない
・会話力、文章力がない

復縁を望む際には、前向きな努力が必要になります。ネガティブに考えだすとキリがなく、継続的な努力が難しくなります。
また復縁するには、相手と直にコミュニケーションを取る必要があります。
その時に、自分の思うようにいくとは限りません。 思い通りにいかなかった時に感情的になってしまうと復縁から遠ざかってしまいます。
特に感情的になってしまう方の場合、すぐに戻りたい、こうしておけば良かったという後悔の念から気持ちを抑えられず、ご自身の気持ちをぶつけてしまう事があります。ですが相手の気持ちは離れており、その気持ちを伝える事は相手の事を考えていない為、マイナスになってしまう事が多くあります。
しかしその事を理解せず、しつこく連絡をしてしまう方がたくさんいらっしゃいます。
なかには理解しているけれど、相手に連絡し返事がある事が嬉しく、返事がある事でまだ繋がっている、もしかしたら脈があるかもしれないと期待し、頭では無理だと理解しながらも、相手から連絡がある事で一喜一憂し連絡してしまう、というケースもございます。
そのような方は、ご自身の感情をコントロールできないと復縁が難しく、また復縁できたとしても同じ事が原因で別れてしまう、といった傾向が強くなっています。
また相手とコミュニケーションを取る際に、こちらの気持ちを上手く伝えられるかも重要です。苦手な方は、復縁屋スタッフよりアドバイスを受けられる事をお勧め致します。

対象者の性格

・性格がネガティブ
・頑固である
・遊び人

復縁工作では、対象者と工作員が友人関係を確立する事が多くあります。
工作員が復縁に関する話しをした際に、対象者がネガティブな考え方や頑固な場合、マイナスの方向へ考える事や、他人の意見に対して拒否反応を示すなどが考えられます。
また対象者が遊び人である場合は、真剣に交際する事を面倒だと思う可能性があり、そうなると復縁へのハードルが高くなります。

別れてからの期間

復縁までの平均期間は5ヶ月程と言われていますが、何年もかけて復縁に至るといったケースもございます。
ですが基本的には復縁までの期間があまりにも長くなってしまうと、相手も新しい出会いや、いろんな経験をして価値観が変わってしまう事が考えられます。
復縁する際に、別れてから○ヶ月経ったから復縁ができない、という事はありませんが、 長い期間を経て復縁に至っていない場合は、 時間がかかっている原因をきちんと把握しているかが重要になってきます。

対象者の職業

・異性が多い職場
・定期的な異動がある
・頻繁に長期出張がある

対象者の職場に異性が多ければ、異性とコミュニケーションを図る機会も多く、新たな恋愛に発展するなどの可能性が考えられます。
定期的な異動があれば、外的要因から恋愛を抑制してしまう可能性があります。
また頻繁に長期出張がある場合、会える機会に限りが出てきますので、復縁までに時間がかかる可能性があります。

対象者の行動パターン

・ほとんど家から出ない
・家から出る時間がバラバラ
・気忙しく常に急いでいる
・移動は主に送迎車

案件の成功率には、対象者と工作員がスムーズに友人関係を確立する事ができるかも重要なポイントです。
対象者が家からあまり出なければ接触できる機会が少なくなります。家から出る時間がバラバラの場合は、接触の際に自然さを演出しにくくなる可能性がでてきます。
また移動が送迎車などの場合は、運転手が常にいますので警戒される可能性が高くなります。過去には警戒されない為に運転手から工作を行なったケースもあります。
対象者が行動的でも、気忙しく常に急いでいる方もいます。そのような場合、接触をしたとしても反応が悪い事が考えられるため状況を選ぶ必要があり、結果的に接触できる機会が限られてきます。

以上が案件の難易度が高いケースに当てはまる例になります。 難易度が高いという事は、何かしらの障害があるからですが、その障害を乗り越える為のプランを練り案件を成功に導くからこそ、復縁屋の存在意義があるのだと思います。
状況がすべて整っている案件はなく、何かしらの障害がある事がほとんどです。難易度が高いから諦めるのではなく、難易度が高いからどう乗り越えていこうかと復縁屋と共に考え、出来る限りの可能性を探って頂ければと思います。

復縁屋に依頼する前に

復縁屋にご依頼の前にもう一度立ち止まってお考えいただきたいことを、それぞれのケース別にまとめましたので是非ご一読ください。

復縁工作前に気をつけること

復縁屋という業種は特殊な業種の為、どこに依頼をすればいいか、何を参考にすればいいか、迷われている方がたくさんいらっしゃいます。そこで復縁工作前に気をつけることとして、まずは以下の点を意識されることをお勧め致します。

【復縁屋の詐欺・ぼったくり・悪徳業者に注意】

弊社リベンジプランにも記載している下記内容は、他社様で失敗に終わってしまった方からご相談をいただく際によくお聞きしますので、気をつけておきたいところです。
・担当者と定期的な面談をされていない(できない)
・現場の同行をして、きちんと現場を行っているかの確認をしていない(できない)
・担当者との連絡の頻度が少ない(連絡が取れない)
・報告時や面談時などに写真など、それまでの活動記録を見せてもらっていない(見せてもらえない)
また最近では、実際のトラブルとしてこのような話も聞いていますので、いくつかご紹介致します。

トラブル事例1
契約の時は、調査や工作を行う前にあらかじめいつ行うかを連絡し、調査や工作が終われば報告をすると言われていた。しかし実際に始まると連絡はなく、そのことを聞くと、「あなたの精神状態が不安定だから調査日や工作日は言いません。毎回の結果も言いません。契約期間が終わったら報告します」と言われ、最終的にはダメでした、とだけと言われた。詳細の内容を聞きたいことを伝えると、工作員に危険が及ぶかもしれないので言えませんと言われ、どのような活動をしていたか粘り強く聞くも、次第に対応していた男性の口調が威圧的な話し方になり恐怖を感じ、それ以上聞くことができず諦めた。

トラブル事例2
対象者が横浜か大阪にいるという状況で、横浜にいると言われたが、実際には大阪にいることが分かった。調査員の見間違いであったということで済まされ、それ以降は対象者を発見できないまま、写真などの報告も一切なく終了となった。

トラブル事例3
対象者が女性の件で、面談の時は同性の女性工作員が対象者に接触し友人関係を築くと言われていたが、接触後の報告では男性の工作員で接触したと言われ、理由を聞いても明確な回答が得られなかった。面談の時に話したように女性の工作員での接触を希望したが、こちらの意見を聞いてもらえる様子はなく、彼女に危険が及ぶ可能性を考えて工作を中止してもらい契約を解除した。

トラブル事例4
復縁屋業者のトラブルではありませんが、復縁について占い師にみてもらった際に、元彼は今もあなたに未練があり、新しい恋愛に踏み出せずにいる状態であると言われ、弊社へ依頼。
実際に調査工作をしたところ、元彼には占いをしてもらっていた時から新しい彼女がいたことが判明。

残念ながら実際のトラブルの事例として上記のようなケースがあります。 こうならない為にも契約の前にきちんと話し合い、念の為に契約書に明確な取り決めを定めることも一つの方法です。

計画・調査・工作の問題

・責任者が成功させる為に効果的な計画を立てていない。
・新人調査員が調査をし、経験不足による判断ミスをする。
・無理な調査を行い、対象者に警戒されてしまう。
・目的に応じて適切な工作員を選択していない。
ご依頼先によって、成功する場合と失敗する場合があるのも事実です。
信頼できるご依頼先を選択する事が、案件成功において重要になってまいります。
ご依頼先で迷われている方は、 別れさせ屋の選び方のポイントをご参考にしてくださいませ。

情報収集の重要性

案件進行中、急遽対象者が引っ越しや転勤など遠くへ移住する事を知るケースがあります。
対象者が移住するまでに決着をつける場合は、期間に限りが発生し、十分な関係構築ができていない状態での勝負となる事がある為、失敗に終わる可能性が高くなります。
移住後も工作を継続する場合は、対象者と連絡が取れる関係かが重要になります。
連絡が取れる関係の場合、工作員が聞き出した情報を基に連絡をして頂き、会う約束を取り付ける事ができる可能性があります。
お互い連絡先を知っているけれど連絡が取れない関係の場合は、工作員が対象者と友人関係を築いた後、何かしらの理由をつけて対象者からご依頼者様に連絡するよう誘導できる事があります。
連絡が取れず、お互い連絡先も分からなくなっている場合は、一か八か偶然を装い再会するという方法がありますが、見込みは薄いと考えるのが自然でしょう。
いずれにしても、このような事態になると失敗に終わる可能性が高くなる事は否めませんので、可能な限り復縁工作前に情報収集しておくべきです。

ご依頼が発覚する可能性

担当者との連絡のやり取りや、ご契約書を見られてしまう。
ご依頼者様と対象者の関係性によっては起こりうる事です。例えば、まだ別れていないけれど関係が悪化したので修復したい場合や、別れたけれどたまに会う関係の場合などが当てはまります。また第三者に見られた場合も、対象者と知人友人であれば言われてしまう可能性があります。
ご依頼が発覚した場合は、対象者に対してマイナスイメージを与える可能性があります。
また対象者が警戒心を抱く事も考えられますので、そうなると案件が失敗に終わる可能性が高くなってしまいます。
案件を成功させる為にも、ご依頼者様ご自身も細心の注意をしていただかなくてはなりません。

お金・時間・メンタル面

復縁工作をご依頼されてから案件成功に至るまで、想定していたよりも時間とお金を要する場合がございます。
スムーズに進む時もあれば、思ったようにいかない時もあります。
思ったようにいかず、想定していたよりも時間とお金がかかる場合、ご依頼を終了されるケースもございます。
復縁工作進行中、本当に復縁できるのか不安に押しつぶされそうになる時もあります。
そのような時、感情に負けてしまい復縁の為の努力を怠る事や、焦りから復縁を望む相手にマイナスとなる発言行動をしてしまうケースがございます。
感情に負けてしまうと復縁が遠ざかってしまいますので、案件進行中はご依頼者様も忍耐が必要になってまいります。
また時として、ご依頼者様ご自身のお気持ちに変化が起こる事もございます。
そのような時、ご相談の末ご依頼を終了されるというケースもございます。
今一度、どうしても復縁したいかどうか、ご自身に問いかけてみてはいかがでしょうか。

復縁工作をご依頼される前は、不安に思うことがあるかもしれません。
ご依頼される際は、できるだけ不安を無くしたいものです。
そのような時、少しでもここに書いてあることを参考にしていただければ幸いです。
それ以外でも、何かご不安な事やご質問などがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

復縁工作後に気をつけること

復縁工作が無事成功したとしても、その後に気をつけるべきことがありますので、ご紹介します。

工作で知り得た情報を言ってしまう

復縁工作中、本来ならば知る事がない対象者の情報を、弊社からのご報告により知る事があります。復縁工作中はご依頼者様も気を張っていますが、復縁が叶った後、気が緩んだ際にうっかり口を滑らせてしまう、という事がございます。
本来知るはずのない情報は、決して口外しないよう気をつけましょう。

同じ事が原因で別れてしまう

復縁の為に努力をしていると、復縁する事がゴールになってしまい、いざ交際が開始すると気が緩み、以前と同じ自分で接してしまう事があります。
同じ事を繰り返さない為にも、復縁後は更に気を引き締めなければいけません。

相手に気を使いすぎない

懸命な努力をして復縁を叶えたので、いざ交際が始まると別れるのが怖く思ってしまい、相手に対して気を使いすぎてしまう事があります。そうなると相手も疲れてしまいます。 復縁後は自信を持ち、自然体で接する事を心掛けましょう。

過去と今を比較しない

復縁後に不満や悩みを感じた時、以前の交際時と比較してしまう事があります。
比較した際に、昔の方が良かったと思う部分があるかもしれません。
ご自身は復縁の為に努力をしましたが、相手にそれを押し付けてはいけません。
過去と今を比較することはせず、これからに目を向けましょう。

資料等の管理

ご依頼されていた事が第三者に発覚した場合、成功した事が無駄になってしまう可能性がございます。
ご依頼先とのやり取りが分かる資料等は、厳重に保管するか処分するなど、くれぐれもご依頼された事がバレないよう気をつけてください。

ご契約期間からアフターフォロー終了まで、ご依頼者様の性格から対象者の人間性を把握した上でのアドバイスを弊社スタッフより致します。しかしこのアドバイスがなくなった後に発言や行動が変わってしまう方もいらっしゃいます。 弊社からのアドバイスはインターネットや復縁マニュアルには載っておらず、お客様独自のものとなります。 弊社スタッフからのアドバイスを忘れる事なく、これからの恋愛に活かして頂けますと幸いです。

復縁屋に依頼したことがバレる可能性

お客様にとって、安心して依頼できるという事は、非常に大事です。安心して依頼ができるかを考える中で、依頼した事がバレないか、と考えられる事もあるかと思います。お客様のご不安を解決する為にも、依頼した事がバレる可能性についてご説明致します。

復縁屋側からバレる可能性は無い

まず、 弊社側からバレる可能性についてですが、この可能性は0です。徹底した情報管理から情報の重要性などきちんと教育を行い、一人一人がプロとしての自覚を持ち案件に取り組んでおります。
対象者に直に接触する工作員も、ご依頼者様の為、案件成功の為に工作をしております。対象者の前では目的遂行の為に、対象者に合う人物像を演じており、そこに私情は持ち込みません。弊社スタッフ一同、案件成功という一貫した目標を基に動いておりますので、 弊社側からご依頼された事がバレるという事は一切ございません。

ご依頼者様の言動でバレるのには要注意

一方で、ご依頼された事がバレてしまう可能性があるのは、ご依頼者様側です。
ご依頼者様側から依頼した事がバレてしまうケースとして、ご依頼先の復縁屋と交わした契約書や受け取った名刺、その他に復縁屋から受け取った書類やメール、等の情報を、対象者や第三者に見られる事によりバレてしまうケースです。また、復縁工作の際に、工作員が対象者から聞き出した情報をご依頼者様にお伝え致します。その中にはご依頼者様が知らない情報も含まれている事がございます。対象者と直接会ったり連絡が取れるご依頼者様の場合、うっかり口を滑らせご依頼者様が知るはずがない情報を対象者に話してしまうといったケースもございます。
依頼した事がバレてしまうと、案件成功に支障を来してしまいます。
ご契約書や名刺など目に見える情報から、工作員が対象者から聞き出した目に見えない情報まで、 ご依頼者様側でも情報の管理を徹底して頂く必要がございます。

復縁屋で実際にかかった料金・期間

弊社で手掛けた復縁屋の成功事例と実際にかかった料金・期間をご紹介します。

復縁工作の方法・流れ

工作についてのプランや終了後のフォロー、費用などを詳しくご説明し、
お客様の疑問にすべてお応えしてから工作を開始いたします。

STEP 01
行動調査

対象者の普段の行動範囲、友人関係、立寄先や移動手段を調査致します。事前調査と共にここで判明した結果に基づき今後の工作方法(どこでどのように接触し、どの工作員で実施するか)を選定致します。

STEP 02
工作員による対象者への接触

行動調査にて選定した内容で対象者への接触を開始します。 弊社では対象者が警戒心を抱かないよう細心の注意を払い、日常に起こりえるごく自然な方法で接触致します。

ご面談時に相談員や担当者からご説明致しますので、疑問点や不安要素があれば遠慮なくご相談下さいませ。

STEP 03
対象者と工作員の友人関係の確立

復縁工作にて対象者から本音を聞き出すにあたり、信頼できる友人関係を築く事は大前提です。
対象者に工作員の事をいかに信頼、信用してもらうかが今後の復縁工作に対しての非常に重要なポイントになります。
行動調査やご面談時にお知らせ頂いた対象者の趣味や好きなタイプを考慮し、対象者にとって良き友人像を演じます。

この友人関係の確立の過程の中で
別れた原因、なぜ別れたか。
現在の心境、今はどう思っているか、現在好意を持っている異性はいるか。
今後の展望、今後付き合いたいタイプはどのような異性か、等を詳しく聞き出します。

工作員が聞き出した内容により、今後ご依頼者様が対象者に連絡をするべきか、しないべきか。
連絡をする場合、どのタイミングで、どういった内容の連絡を、どの程度の頻度で連絡をするべきか。
今までの過程を振り返りどこを改善すればよいか、等を担当者と共に考え、実際に行動に移していきます。

STEP 04
復縁屋の成功まで

復縁工作を成功させる注意点として最も重要な事は焦らない事です。

ご相談に来て頂いた時点で対象者と連絡がスムーズにとれない、といったご依頼者様を多くお見受けします。

焦るお気持ちはあると思いますが、まずは友人関係から、が成功への近道だと弊社では考えております。

連絡がスムーズに取り合えるようになれば、次は食事などに行ける関係を目指します。

工作員が聞き出した、ご依頼者様と別れた理由に対し、ご依頼者様自身がどう変わったか、を対象者と会って話し自然にアピールする事も必要になります。

工作員からご依頼者様のフォローや復縁を促す事は、あくまでもご依頼者様と接点のない第三者の立場として対象者に話しますが、過去の経験からも工作員の意見だけで復縁ができるとは考えておりません。

よりを戻したいと思う相手から本音を聞き出し、どうすれば復縁できるのかを、復縁屋の視点からご提案させて頂きます。

同じ人物でも、その時その時の心境によって、こちらの行動や発する言葉の受け止め方が違ってくる程、人の心理は非常に複雑です。

復縁工作とは人の複雑な心理を、工作員と担当者とご依頼者様で協力しあい紐解く事により始めて成功する案件であると弊社では考えております。

案件成功後のアフターフォローに関しても遠慮なくご相談下さい。

復縁できたから悩みがなくなるとは限りません。

案件成功後の連絡の取り方や接し方等も、弊社スタッフの豊富な知識を目一杯お使い頂き、今後の恋愛に活かして頂けると幸いです。

復縁屋の料金

※下記料金表は目安になります。ご状況や情報量などにより料金は変動いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

ケース 着手金 成功報酬 期間
まだ別れておらず、
関係を修復したい場合
40万円 20万円 1~2ヶ月
別れているが連絡はとれ、
たまに会う事が出来る関係の場合
50万円 25万円 1~2ヶ月
別れており、連絡はとれるが会う事が
出来ない関係の場合
60万円 30万円 2~3ヶ月
別れており、連絡もとれない場合 90万円 45万円 2~3ヶ月
離婚している場合 110万円 55万円 3~4ヶ月
知人、友人との関係修復 10万円~30万円 5万円~15万円 1~2ヶ月
元交際相手との関係修復
(友人関係になれるまで)
20万円~40万円 10万円~20万円 1~2ヶ月
直接会って話したい 5万円~ 5万円~ 即日~

お支払い方法について

弊社へのお支払いは、クレジットカードがご利用いただけます。
取り扱いクレジットカードは以下のブランドの物に限ります。

取り扱いカードブランド一覧

無料電話相談

復縁屋へのご相談時によくあるご質問

ご依頼についてのご質問と回答

Q1 一度相談したいのですがどうすればいいでしょうか?
メールでご相談をご希望の方は、お問い合わせフォームよりご相談くださいませ。
お電話でのご相談をご希望の方は、フリーダイヤル 0120-966-787までお電話くださいませ。
ご相談は無料となっております。
些細なことでも構いません。復縁屋相談員が親身になって対応致しますので、お気軽にご相談くださいませ。
Q2 相談員の方の性別は選べますか?
はい、可能でございます。
男女共に復縁屋相談員がおりますので、ご希望がございましたら、お申し付けくださいませ。
Q3 遠方でも復縁工作の依頼は可能でしょうか?
はい、可能でございます。
日本全国から復縁工作のご依頼をいただいており、地方での復縁工作の成功実績も多数ございます。
まずはメールやお電話で詳細のご状況をお聞かせくださいませ。
Q4 一度お会いしてお話させていただきたいのですが、事務所までお伺いすることができません。出向いていただくことは可能でしょうか?
はい、可能でございます。
ご面談の日時や場所などの予定を合わせ、復縁屋相談員がお伺いします。
Q5 復縁工作を依頼する場合は、契約書などは交わすのでしょうか?
はい、交わします。
探偵業法に沿った契約書類を2通作成し、甲乙記名押印を以って双方にて保管いたします。
Q6 他社ではできないと言われたのですが、そのような場合の依頼は難しいでしょうか?
復縁屋によってご依頼をお受けできる内容には違いがございます。
まずは一度、お気軽にご相談くださいませ。
Q7 復縁工作の依頼をしてから開始まではどのくらいの日数がかかりますか?
あらかじめお電話でご相談いただいていた場合は、ご依頼当日から開始可能でございます。
通常はご依頼翌日から1週間以内の開始を目安にお考えいただければと存じます。
Q8 復縁工作の報告はいつ、どのようなかたちでしていただけますか?
ご報告に関しましては、ご依頼者様のご希望に合わせてご報告をいたします。
ご面談やご契約の際などにご希望をお聞きしておりますので、お気軽にお申し付けくださいませ。

料金・お支払いについてのご質問と回答

Q9 メールや電話で相談をしたいのですが有料でしょうか?
ご相談は無料でしておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
Q10 復縁工作のお見積もりを出していただくことは有料でしょうか?
メールやお電話で詳細のご状況をお伝えいただければ、無料でお見積もりの概算をお出しいたします。
Q11 復縁工作の正確な料金を知りたいのですが、どうすればいいでしょうか?
メールやお電話でのご相談で料金の概算をお出しした後に、ご面談にて更に具体的な情報をお聞かせいただき正確な料金を確定いたします。
Q12 支払いはどのような方法が可能でしょうか?
現金もしくはお振込、弊社指定クレジットカード会社を利用してのお支払いが可能でございます。
Q13 分割での支払いは可能でしょうか?
弊社規定の範囲で対応しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。
Q14 回数制とは違うようですが、どれくらい動いてもらえるのでしょうか?
例えば東京都で着手金50万円のご依頼の場合、最低でも10回以上の稼働、平均的には10回〜15回程の稼働回数になっております。
稼働回数についてなど、ご希望がございましたら臨機応変に対応しておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

復縁工作についてのご質問と回答

Q15 復縁するには冷却期間が必要でしょうか?
冷却期間が必要な場合もあれば、必要ではない場合もあります。
無駄に冷却期間を意識してしまい、復縁のタイミングを逃してしまう可能性もございます。
それぞれのご状況によって冷却期間が必要かは異なりますので、気になる方は一度ご相談くださいませ。
Q16 音信不通の状態からも復縁工作は可能でしょうか?
はい、可能でございます。
まずは相手と連絡が取り合える関係に戻ることが重要です。
その為に相手の現在の状況や心境を把握することが復縁への一歩になります。
復縁工作の難易度は上がりますが、諦める必要はありません。
Q17 相手の連絡先が分からなくなってしまったのですが、復縁工作は可能でしょうか?
はい、可能でございます。
連絡先が分からなくなった理由などによって方針も変わってまいりますので、一度詳しくお聞かせくださいませ。
Q18 復縁したい相手からストーカー扱いされていますが、復縁工作は可能でしょうか?
これまでの経緯や現在のご状況など、詳細をお聞きした上で可能かどうかを判断いたしますので、まずはメールやお電話でお問い合わせくださいませ。
Q19 相手の情報が少ない場合でも復縁工作は可能でしょうか?
はい、可能でございます。
今ある情報を基に、復縁工作に必要な情報を調査工作によりリサーチした後、復縁工作を行います。
情報が少ないケースからのご依頼でも多くの成功実績がございますので、是非一度ご相談くださいませ。
Q20 別れてから連絡も取っておらず数年経ちます。復縁工作は可能でしょうか?
はい、可能でございます。
別れてからの期間が空いていることによるメリットもございますので、まずは一度ご相談くださいませ。
Q21 交際相手とケンカをしてしまい、このままだと別れそうです。関係を修復することは可能でしょうか?
ケンカの原因や相手の性格などによって関係修復工作の方法は変わります。
関係修復では適切な方法やタイミングがございます。
アドバイスのみのご依頼も可能となっておりますので、手遅れになる前にご相談くださいませ。
Q22 交際相手が浮気をしていて自分との関係が壊れそうなのですが、元通りに戻すことは可能でしょうか?
はい、可能でございます。
交際相手の浮気に至った経緯や現在の心境、浮気相手の状況や心境を把握し、復縁工作を行うべきか浮気相手との別れさせ工作を行うべきかなど、効果的な工作方法を導き出し工作を行います。
Q23 別れた相手に新しい恋人ができたようなのですが、このような状態からも復縁工作は可能でしょうか?
はい、可能でございます。
別れた相手と現在も連絡が取れるかどうか、会えるかどうかなどによって、復縁工作の方法が変わってまいります。
ご状況によっては、まずは別れさせ工作をご提案する場合もございます。
Q24 同性の場合でも復縁工作は可能でしょうか?
はい、可能でございます。
同性の復縁工作を得意とする復縁屋工作員もおりますので、お気軽にご相談くださいませ。
Q25 復縁工作の期間はどれくらいかかりますか?
別れてからの期間や現在のご関係性、連絡が取り合えるか、会う事ができるか、相手のご状況、などによって復縁工作の期間は変わりますので、一度ご相談くださいませ。
弊社では、できる限り早く復縁できるように取り組んでおります。
Q26 復縁工作の成功率を教えてください
復縁屋の成功率が高いケース復縁屋の難易度が高いケースをご参照くださいませ。
それぞれ詳細のご状況や人間性などが違うため具体的な数字で表すことはできませんが、復縁屋の成功率が高いケースに多く当てはまるほうが成功率は高くなります。
高い成功率を生み出す為に、復縁工作からご依頼者様のアドバイス・フォローまで、復縁屋として万全の体制でサポートしております。
Q27 復縁工作の成功率を上げる為にできることはありますか?
復縁工作の成功率には、復縁工作による効果とご依頼者様ご自身の魅力アップによる効果が大きく作用します。
どこをどのように改善し魅力アップの為の努力をすべきかなど、復縁屋からのアドバイスをもとに、覚悟を持って継続的に努力することが復縁工作の成功率を上げることに繋がります。
Q28 遠方だと復縁工作の成功率は変わりますか?
遠方だから復縁工作の成功率が変わるということはございません。
遠方での工作では復縁屋工作員の言葉遣いや設定など、遠方であることの強みを活かした方法で工作を行います。
Q29 復縁工作を行うとき、現場へ同行する事は可能でしょうか?
事前に担当者にご相談いただければ、現場にご同行いただくことは可能でございます。
復縁工作ではご依頼者様ご自身も工作に参加する可能性がございますので、ご同行前にはきちんとお打ち合わせさせていただいております。
現場へご同行いただく事により対象者にバレる、警戒される、などは絶対に避けなければいけませんので、ご状況に合わせた最善の方法をご提案いたします。

その他のご質問と回答

Q30 復縁屋へ依頼したことが発覚してしまうことはありませんか?
復縁屋へ依頼したことがバレる可能性でも書かれていますが、弊社側からバレる可能性は0です。
ご依頼者様側でも、契約書や担当者からのメール、ご依頼者様ご自身が第三者へ話してしまうなど、情報の管理を徹底していただければ復縁屋への依頼が発覚することはございません。
Q31 復縁工作を行う以外にアドバイスなどもしてもらえるのでしょうか?
はい、復縁屋ならではのアドバイスをしております。
復縁に対する気持ちの向け方、別れた相手との連絡のタイミングや内容、復縁が叶う為の立ち振る舞いや言動など、成功率が高い復縁屋ならではのアドバイスをいたします。
Q32 復縁工作以外ではどのようなサポートをしていただけますか?
ご依頼者様が復縁する為に何が足りないかを見極めその部分を強化するサポートや、復縁が叶った後もその相手と継続して付き合うことができるよう、復縁屋がいなくてもご依頼者様が独り立ちできる為のサポートをしております。
例えば、ご依頼者様が服装にご不安がある場合、ご一緒に服を買いに行くことはもちろんですが、どうしてその服を選んだかなど、その考え方を身につけていただきます。
考え方を身につけることができれば、復縁屋のサポートがなくなっても元に戻る心配はありません。
また、復縁が叶うまでは精神的に不安になることもございます。
安定した精神は復縁工作の成功率と関係致しますので、必要な場合はカウンセリングなどのサポートもしております。
ご依頼者様の現在と未来を見据えて、復縁屋として万全の体制でサポートいたします。
 

私たちリライトのサービス

別れさせ屋

第二の人生を歩みたい。過去を清算するための一つの手法として探偵社が行うサービスです。現状の生活に不満や不安を抱えていらっしゃるあなたのサポートを行います。

別れさせ屋のイメージ画像

別れさせ屋詳細

別れる工作

あなたの不安を取り除く、綺麗な別れをサポートする探偵社が行うサービスです。

別れる工作のイメージ画像

別れる工作詳細

復縁屋

恋人や夫婦だったのに別れてしまったあの人ともう一度一緒に過ごしたい。そんな思いをサポートする一連のサービスです。

復縁屋のイメージ画像

復縁屋詳細

出会い工作

あなたが出会いたい人と引き合わせます。出会い方や引き合わせ方などはご納得いただけるまで何度でもお話しをお伺いし工作を行います。

出会い工作のイメージ画像

出会い工作詳細

付き合い工作

付き合いたいけど勇気がでない、そんなあなたの後押しをするサービスです。総合探偵社リライトがあなたの恋愛を全面的にバックアップいたします。

付き合い工作のイメージ画像

付き合い工作詳細

浮気調査

浮気をしているのかどうかを知りたい、浮気現場の確証がほしいというご希望を満たすサービスです。

浮気調査のイメージ画像

浮気調査詳細

ストーカー対策

ストーカー事件がニュースとなる事が多い現代で、一人で不安を抱えている方の味方となります。

ストーカー対策のイメージ画像

ストーカー対策詳細

いじめ対策

現代の社会問題でもあるいじめについて実態を調査しその解決に取り組みます。お子様の安全、プライバシーを第一に考え工作を行います。

いじめ対策のイメージ画像

いじめ対策詳細

盗聴・盗撮機器発見調査

盗聴、盗撮のリスクは誰にでもあります。私は大丈夫。テレビの中の話。と安心するには注意が必要です。盗聴・盗撮のリスクを取り除くサービスです。

付き合い工作のイメージ画像

機器発見調査詳細

機器レンタル

盗聴や盗撮が不安だけど専門業者へ依頼すると高くつく。発見器を購入しようか考えているが実際に一度使ってみたい。パートナーの浮気調査を頼みたいが、自分でできるところまで調べたい。等お考えの方へ最適のプランです。

付き合い工作のイメージ画像

機器レンタル詳細

ケーススタディー

リライトが対応してきた様々なケースをご紹介します

長年の経験から、実際のケーススタディからわかりやすく流れをご説明させていただきます。今現在、お悩みの方の疑問や不明な点が少しでも解消できれば幸いです。お悩みを抱えておられる方はぜひ一度ご参照ださい。

ケーススタディー

ケーススタディーのイメージ画像

ページトップへ